メールでのお問い合わせはこちら スタッフブログはこちら
TOP > 脱毛のお悩み解決ブログ > 「脱毛効果が出ない人、必見!…

2019.06.22

「脱毛効果が出ない人、必見!!」効果抜群!注意すべき8つのこと(前編)

以前、お悩みブログで【「え、今日脱毛できないんスか!?」当日施術を断られるケース紹介】と当日に脱毛ができないケースをご紹介しましたが、脱毛後にも実は気をつけなくてはいけない事があります。

 

そこで今回は脱毛後の注意点もみなさんに知っていただきたいと思います。

 

これを知れば、もう安心!

 

毛が無くなるだけでなく、脱毛後のキレイなお肌も手に入れ、女性からのイメージも変わります!(笑)

脱毛当日の注意点

脱毛後にも注意点がいくつかあります。

色々と気遣うのなんてめんどくさい!!

 

と思った方もいるでしょう。

 

そこまで神経質になる必要はありませんが、万が一肌トラブルが起こってしまってからでは大変になってしまう場合もあり、脱毛効果も薄れてしまう可能性があるので正しいケア方法を頭に入れておきましょう。

 

紫外線対策

 

脱毛後の肌は、光の照射により毛穴の中に熱がこもり敏感になっています。

 

施術後サロンからの帰宅の際にもサングラス・帽子・日傘(今は男性でも使用する人がいます)など、他にもUVカットができる物を身に着けると良いでしょう。

 

また、日焼け止めが必要になりますが、肌の状態によっては負担がかかってしまう場合があるので、サロンスタッフに相談するのが良いでしょう!

 

日焼け止めも種類が豊富なのでどれを使えば良いのか悩んでしまうと思いますが、短い時間の外出であれば肌への負担を考えSPF20、PA++以下のものがオススメです。

 

入浴

 

脱毛後は、皮膚の中で軽い火傷状態になっています。

 

その状態で湯船に浸かると体温が上がるだけでなく、毛穴に菌も入ってしまう可能性があります。

 

更に血行もよくなり、「赤み」「かゆみ」が出てしまう場合もあります。

 

当日だけは湯船は避けてぬるめのシャワーのみにしましょう。

 

冬場など寒いときは湯船に浸かりたい時もあると思いますが、その際はあまり熱くせず(38℃~40℃ぐらい)湯船に浸かる時間を短めにし、身体を温めすぎないように気を付けましょう。

 

また、摩擦も肌に負担がかかってしまいますので身体を洗うときには、ゴシゴシ擦らないようにして下さい。

 

飲酒

 

必ずしもダメではないのですが、お酒を飲むと血行が良くなり体温が上がります。

 

その影響で「顔が赤くなる」なんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

飲酒が原因で赤み・かゆみ・腫れ・肌の乾燥などが起こりやすくなるので、なるべくであれば当日は飲酒を控えましょう。

 

翌日以降、赤みなどのトラブルが何もなければ飲酒は可能ですが、トラブルが落ち着かない場合は控えたほうが良いでしょう。

 

激しい運動

 

運動も同様に、血行がよくなり体温が上がります。

 

さらに、運動すると汗をかき肌が不衛生になりやすく、毛穴から菌が入ってしまい毛嚢炎になってしまう可能性があります。

 

その為、脱毛当日の激しい運動は控えることをオススメします。

 

締め付けがある衣服は身に着けない

脱毛後の敏感な肌にピタッとした服や締め付けがキツイ下着などを着用すると、肌との摩擦が起こります。

 

摩擦が原因で肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

 

また、化学繊維も肌への刺激になる可能性があるので、シルク綿などの素材の物などで、体を締め付けないゆったりとした服や下着を着用しましょう。

 

脱毛後、しばらく気を付けること

 自己処理は電気シェーバーで

 

脱毛後は肌が敏感になっているので、毛抜き・ワックスを使うと肌荒れや色素沈着などのトラブルの可能性も大!です。

 

自己処理は電気シェーバーで行いましょう。

 

また光脱毛は、毛根に熱を加えて処理をしているので、毛抜きやワックスを使うと毛根ごと処理してしまい、次回、脱毛をするときに効果が出づらくなってしまいます。

 

脱毛後は10~14日程すれば自然に毛が抜けて落ちるので、それまでの間は何もしないのが一番です。

 

どうしても剃いといけない場合は、脱毛後なるべく3~4日ほど肌を休ませてから、電気シェーバーで優しく処理してください。

 

 

 最低でも1週間、できれば2週間は日焼けを避ける

脱毛後は、1日中外にいて日焼けをするような、海・プール・山・BBQなどのイベントは最低でも1週間、避けていただく必要があります。

 

できれば2週間避けていただくのがベストです。

 

日焼けをして肌が黒くなると、肌の色が戻るまで最低でも3カ月程度かかることがあるので、脱毛効果も薄れてしまいます。

 

また、

「屋内プールだったら日焼けもしないし、いいんじゃないの?」

と思う方もいると思いますが、プールの水にはとても大量の塩素が入っています。

 

塩素は肌への刺激にもなってしまうので脱毛後7~10日は、屋内でもプールに入らないようにしましょう。

 

1週間は温泉やサウナ(岩盤浴)を控える

 

脱毛後約1週間は、肌のバリア機能(乾燥と外部刺激から肌を守る役割)が低下しています。

 

温泉・サウナ・岩盤浴などは、体温も上がり肌の炎症が起きてしまう可能性があるだけではなく、温泉や岩盤浴は不特定多数の人が利用するので、毛穴に菌が入ってしまう場合もあります。

 

お肌の保湿を心がけましょう

 

光脱毛は肌に熱を加えるため、少なからず肌の水分が奪われてしまっています。

 

脱毛直後~数日後(3~7日程度)は、いつも以上に保湿し、肌に水分をたっぷり与えましょう。

 

脱毛サロンによっては、専用の保湿ケア用品もありますが、ご自身のお持ちの物でも大丈夫ですので、肌にしっかりと水分を入れるようにましょう。

 

しかし、脱毛直後はお肌が敏感になっているので普段使っているものでも刺激が強いものは避け、なるべく低刺激なものを使いましょう。

 

また、脱毛期間中ずっと保湿を心掛け肌の潤いを保っていると、

 

・脱毛時の痛みが少なく感じたり

・肌のダメージを軽減したり

・脱毛後の肌がキレイに仕上がったり

 

と脱毛効果もアップします。

 

脱毛期間中ずっと気をつけていただきたいこと

日焼けにご注意ください

 

日焼けをすると肌が黒くなり、乾燥もしているので脱毛効果も出にくくなります。

 

更に、日焼け直後は肌に炎症が残っているので、その状態で光を当てると火傷などのリスクも高くなってしまいます。

 

脱毛期間中は、日焼けには注意していただきたいですが、特に施術前後は紫外線対策をしっかりとして下さい。

 

毛抜き・脱毛ワックスはNG!

脱毛期間中は特に、毛抜きや脱毛ワックスでの自己処理は避けて下さい。

 

光脱毛の光は毛根のメラニン色素に反応して発毛組織を破壊していきます。

 

毛抜きやワックスを使い毛を根本から抜いてしまうと、次に脱毛をする際に効果が得られにくくなってしまいます。

 

また、無理矢理毛を抜くことは、皮膚の角質や細胞を傷つけてしまい、脱毛をした時に痛みを感じやすくなったり、肌トラブルが起こりやすくなったりします。

 

脱毛期間中は、なるべく肌に負担をかけないように電気シェーバーでの自己処理をオススメします。

 

ここまでのまとめ

今回は、脱毛後の注意点に関する内容についてご紹介していきました。

 

色々と注意すべき点がありますが、気をつけていただければ何の問題もありません。

 

脱毛をこれからしようと迷っている方

今現在、脱毛をしている方

 

参考にしていただき不安を解消して下さい。

 

それでは、次回投稿の【「脱毛効果が出ない人、必見!!」効果抜群!注意すべき8つのこと(後編)

も、よろしくお願い致します(^^)♪

 

-------------------------------------


【剛毛クラッシュ】基本情報



●HP:https://go-mo-crash.com/


●予約TEL:080-5881-8378


●予約Email:souka_west@go-mo-crash.com



▼Twitter:@go_mo_crash


▼Facebook:@go.mo.crash


▼Instagram:@go_mo_crash



※ Instagram限定クーポン


ご来店いただいたお客さまのうち、
ハッシュタグ『 #gomocrash 』で剛毛クラッシュについて投稿いただいた方は、
次回ご来店時にその投稿をご提示いただくことでお会計から500円割引させていただきます!



詳しくは店頭スタッフまでお声がけください^_^


				

お問い合わせ

各種メニューやセットの詳細については
こちらからご相談ください!

Copyright go-mo-crash All Rights Reserved