メールでのお問い合わせはこちら スタッフブログはこちら
TOP > 脱毛のお悩み解決ブログ > 白ヒゲの7つの原因と対策方法…

2020.06.11

白ヒゲの7つの原因と対策方法5選

    どうも~黒木です。

     

    お客様から青ヒゲについては分かったけど、白ヒゲについても詳しく知りたい!とのお問い合わせを頂きました。

     

    ちょうど昨年の今頃、ヒゲの白髪化について書かせて頂きましたが、今回はヒゲが白髪になる原因と対策方法について、最新情報を交えて以前の記事より更に詳しくお話していきます(^_-)-☆

    白髪になる仕組み

    そもそも白髪はなぜ出来るのか?簡単に説明しますね(^_-)-☆

     

    毛は毛根にある毛母細胞で作られています。

     

    黒い毛はメラノサイトと呼ばれる色素幹細胞が作り出すメラニン色素が、毛根の内部に取り込まれることで、黒い毛となって生えてきます。

     

    白髪はメラノサイトの働きがうまくいかず、着色されないで生えてきてしまった毛なのです。

    白髪になる7つの原因

    続いてはなぜ白髪になるのか、原因を詳しく見ていきましょう!

    食生活の乱れ

    メラノサイトはメラニン生成時にチロシナーゼという酵素を必要としますが、正常に働くためにはビタミンミネラルたんぱく質など様々な栄養素が必要です。

     

    栄養素は体内で生成出来ないものが多く、食べ物からバランス良く摂れないと白髪になってしまう可能性があります。

     

    食品添加物の多い物や栄養の偏った食事をしていると、栄養がメラノサイトまで届かず、色素がしっかり生成出来なくなり、白髪が増えてしまう原因になってしまいます。

    睡眠不足

    睡眠不足睡眠時間の乱れは、成長ホルモンの分泌が妨げられることが実証されています。

     

    成長ホルモンは身長を伸ばすなど幼少期に活躍するだけでなく、大人になっても分泌され続け、細胞の新陳代謝修復など多くの役割を担っています。

     

    睡眠不足成長ホルモンがうまく分泌されず、毛根への色素補給が追い付かなくなり、白髪へと繋がります。

     

    また寝不足の時に頭がボーっとすることがあると思いますが、これは血液、つまり酸素や栄養素が充分に行き届いていない証拠です。

     

    この状態が長く続いてしまうと、どんどん細胞が死滅していってしまいます。

     

    睡眠不足で血流不足が続くとメラノサイト細胞が減り、白髪が増えてしまいます

    ストレス

    心労やストレスで白髪が増える」とよく言われますが、毛とストレスの関係は実際に密接です。

     

    ストレスが溜まると心だけでなく身体にも緊張状態が続くことで、毛細血管が収縮して血行不良が起こります。

     

    すると栄養が行き届かず、毛母細胞の働きを弱める原因になってしまいます。

     

    またストレスによって皮脂が過剰に分泌され、それが皮膚で酸化して過酸化脂質が増えることで、メラノサイトの働きが抑制されて白髪へと繋がってしまうのです。

    紫外線

    紫外線を浴びることで活性酸素が生じますが、多く生成されることで酸化してしまうので、細胞が劣化してしまいます。

     

    そのため毛母細胞が正常に働きにくくなり、白髪の原因になることもあります。

    歯磨き

    実は毎日行っている歯磨きのやり方に、白ヒゲの原因がある場合も!

     

    ヒゲは口元から最も近いので、歯磨き後に口周りをしっかり洗わないで歯磨き粉が残ってしまうと、活性酸素を外部から取り入れてしまい、細胞劣化の原因になります。

    遺伝

    両親のどちらかが若い時から毛髪に白髪が多い場合は、遺伝的に白髪が生えやすくなります

     

    メラニン色素が生成されにくい遺伝子や、成長ホルモンの分泌が少ない遺伝子などは、遺伝することが実証されています。

    加齢

    歳を重ねることでだんだんメラノサイトの働きが鈍くなり、ほとんどの人が加齢によって白髪が増えていきます

     

    毛は抜け落ちる時、同時にメラノサイトも失われてしまいます。

     

    若い時は次の毛が生えてくる時にメラノサイトも再生しますが、歳を取るとともに再生されないケースが増えてしまいます。

    白ヒゲ対策5選

    それではどうすれば白髪が減るのか、オススメの対策方法をお伝えしていきます(^_-)-☆

    バランスの取れた食事

    メラノサイトメラニン色素を作り出す時、様々な栄養素が必要になります。

     

    なかでも海藻類魚介類に多く含まれるヨードは、メラノサイトを活性化する効果があります。

     

    またメラニン色素の原料になるチロシンが不足すると、毛に色が付かなくなるので白髪に繋がる可能性があります。

     

    チロシンチーズ果物大豆ナッツ類に多く含まれています。

     

    そしてはメラニン色素を作りだすチロシナーゼの働きを活発化させ、チロシンと一緒に摂ると白髪予防の相乗効果が期待出来ます。

     

    また体内では合成出来ないため、豆類穀類プルーンなどの食べ物から摂取する必要があります。

    快眠

    成長ホルモンが盛んに分泌されるゴールデンタイムは、22時~2時頃です。

     

    ですので、この4時間の間にしっかり睡眠を取ることが、とても重要になります。

     

    また質の良い睡眠を、なるべく7時間以上取るように心掛けましょう。

    顔の筋肉を動かす

    血流が悪くなると白ヒゲが出来やすくなりますので、顔の血流を良くする必要があります。

     

    そのため顔のマッサージをしたり、咀嚼回数を増やすなど意識して顔の筋肉を動かす血流量が上がり、栄養素がしっかり毛母細胞に届き、白ヒゲ改善に繋がります。

    湯船に浸かる

    忙しいと手短にシャワーで済ましてしまいがちですが、血行促進ストレス解消の為にも、湯船にしっかり浸かるように心掛けましょう♪

    脱毛

    根本的に白ヒゲを無くす、唯一の方法が脱毛です!

     

    通常レーザーや光脱毛は黒い毛に反応するため、白ヒゲには効果がありません。

     

    ですが、2000年~2001年頃に「バルジ領域」が発見され、今まで効果が出なかった白ヒゲ等にも施術が可能になりました。

    バルジ領域とは、細胞を作る働きをする一種で、毛の生成に重要な細胞を作り出す働きをする領域のことです。

     

    バルジ領域から作り出される発毛因子が毛母細胞となり、毛乳頭からの栄養を受け取ることで毛が生成されているのです。

     

    そのため、このバルジ領域を破壊することで、毛母細胞が生成されなくなり、毛の生成はストップするとされています。

     

    そして当サロンで使用しているSHR脱毛は、バルジ領域に働きかけるので、白ヒゲもしっかり脱毛出来ちゃうのです!!

     

    脱毛すればスッキリ爽やかに♪

     

    もう白ヒゲに悩まさることもありませんね(*^▽^*)

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

     

    今回はヒゲが白髪になる原因と対策方法について、お話してきました。

     

    以前の記事では白髪は脱毛出来ないとお伝えしていましたが、最新式機器の導入により、白髪金髪なども脱毛可能になりました!!!

     

    ヒゲに関わらず、全身の白髪も施術可能ですので、今まで白髪になってしまったので脱毛を諦めていた方!ぜひお気軽に「剛毛クラッシュ」までお問合せ下さいませ(*^^*)

     

    ご連絡お待ちしております。

    -------------------------------------


    【剛毛クラッシュ】基本情報



    ●HP:https://go-mo-crash.com/


    ●予約TEL:080-5881-8378


    ●予約Email:souka_west@go-mo-crash.com



    ▼Twitter:@go_mo_crash


    ▼Facebook:@go.mo.crash


    ▼Instagram:@go_mo_crash



    ※ Instagram限定クーポン


    ご来店いただいたお客さまのうち、
    ハッシュタグ『 #gomocrash 』で剛毛クラッシュについて投稿いただいた方は、
    次回ご来店時にその投稿をご提示いただくことでお会計から500円割引させていただきます!



    詳しくは店頭スタッフまでお声がけください^_^


      お問い合わせ

      各種メニューやセットの詳細については
      お電話・メールにてご相談ください!

      お電話で相談・予約する ネットで相談・予約する

      Copyright go-mo-crash All Rights Reserved