メールでのお問い合わせはこちら スタッフブログはこちら
TOP > 脱毛のお悩み解決ブログ > ヒゲの埋没毛3大原因と治し方…

2020.02.15

ヒゲの埋没毛3大原因と治し方5選

どうも~黒木です。

 

当サロンでよく聞く悩みの一つが「ヒゲ剃りしても黒いポツポツが残る…。これってどうにかなりませんか?」というご相談です。

 

それは「埋もれ毛」と言われる「埋没毛」かもしれません。

 

埋没毛は皮膚の下で毛が成長する症状で、皮膚が柔らかくて毛の太い部位にできやすいと言われています。

 

なので、ヒゲは毛が太くて皮膚も柔らかいため、埋没毛にすごくなりやすい部位だと言えます。

 

見た目にも肌への健康にも悪い埋没毛…なんとなく、そのままにしていませんか?

 

実は軽い気持ちで放置していると、取り返しのつかないことになってしまうかもしれませんよ(;´Д`)

 

そこで今回はヒゲの埋没毛についてお話します。

埋没毛の3大原因

埋没毛になる原因は、主に3つあります。

 

それぞれ説明していきますね(^_-)

毛抜き

ムダ毛の処理と聞いて、まず思い浮かぶのは毛抜きではないでしょうか?

 

確かに毛抜きは簡単で、しかも毛を抜く時のスルっとした感覚や抜いた後のツルツルした感じがクセになって、止められなくなる方が多いのではないでしょうか?

 

かくいう私も、その一人でした( ̄▽ ̄;)

 

しかし毛抜きでの処理は肌へのダメージが大きく、毛穴が炎症を起こして化膿し、埋没毛へと繋がってしまうのです

カミソリ

一番手軽で身近なヒゲ処理方法として思いつくのは、カミソリではありませんか?

 

カミソリでの処理には正しい手順があり、間違った方法での処理はカミソリ負けの原因となってしまいます。

 

準備もせずにそのままヒゲ剃りをしている、いつも逆剃りで深剃りしている、またはカミソリの刃を1ヶ月以上交換していない…など、心当たりありませんか?

 

このような場合は注意が必要です!!

 

カミソリ負けで硬くなってしまった肌からはヒゲが出てこられなくなるので、結果として埋没毛になってしまうのです

脱毛ワックス、テープ

最近では脱毛ワックス脱毛テープなどを利用する方が増えてきているようですが、実はこれらの方法はヒゲを無理矢理引き抜くので痛みはもちろん!

 

毛抜きでの処理と同様に肌へのダメージが大きく、炎症や出血の原因となってしまいます

 

また、埋没毛の原因となることは言うまでもありませんね(;^_^)

埋没毛をそのままにしておいたら?

そのまま埋没毛を放置していると、一体どうなってしまうのでしょうか?

 

可能性のある3つの症状をお伝えします。

ニキビや毛嚢炎になる

誤った自己処理方法によって埋没毛になると、細菌や雑菌が入り込んで化膿してしまうことがあります。

 

アクネ菌ならニキビ黄色ブドウ球菌なら毛嚢炎というように、菌の種類で呼び方は違いますが、いずれも化膿や炎症を引き起こしてしまいます

 

色素沈着やシコリができる

埋没毛をそのまま放っておくと炎症が生じて色素沈着を引き起こして、シミのようになってしまう可能性があります

 

また埋没毛は毛穴から出てこないだけで、皮膚の下ではそのまま成長を続けていますので、毛が丸まってシコリのように腫れ上がってしまうのです(;゚Д゚)

 

こうなってしまうと自分ではなかなか治すことが難しくなるでしょう。

かゆみや痛みが出る

先ほど埋没毛はシコリのように膨れ上がってしまうとお伝えしましたが、このような状態では毛穴は塞がっているので、洗っても毛穴の中の汚れは落とせません

 

なので、結果としてかゆみや痛みなどの症状に繋がってしまうのです。

埋没毛の治し方5選

それでは次に、出来てしまった埋没毛を治す方法を5つご紹介します(^_-)-☆

お薬

皮膚科で皮膚を柔らかくしてくれる薬を処方してもらうのが良いでしょう。

 

効果はすぐには現れませんが、続けることで自然と埋没毛が排出できます

 

ただし保険適応外となりますので、それなりの費用が掛かりますのでご注意ください。

 

蒸しタオルと保湿クリーム

埋没毛は毛穴が閉じてしまっている状態ですので、蒸しタオルを使用することで毛穴を広げられます

 

そして毛穴が開くことで埋没毛が自然と出てきてくれます

 

その際に保湿クリームを併用すると、毛穴が開いた状態を維持できるので、さらに出てきやすくなります。

 

最近では埋没毛専用クリームも出ていますので、自宅でどうにかしたい方にはオススメです。

スクラブ

埋没毛を出しやすい状態に導いてくれる方法にスクラブがあります。

 

スクラブは肌表面を覆う古くなった角質を除去し、肌の生まれ変わりサイクル(ターンオーバー)も正常に導いてくれます

 

肌のターンオーバーがされることで、色素沈着してしまった部位も新しい肌へと生まれ変わらせることができます

ピーリング

先ほどのスクラブと同様に、ピーリングも角質を取り除くことができます。

 

ピーリングは角質を柔らかくして剥がす方法で、黒ずみや毛穴の汚れを落とすのによく使用されます。

 

スクラブは細かい粒子を擦り付けることで物理的に角質を剥がすので、刺激を気にされる方はピーリングがオススメです。

 

とはいえピーリングもそれなりに刺激がありますので、肌の弱い方は注意が必要です!

脱毛

今までの方法は当然ヒゲが残ってしまいますので、またいつ埋没毛になるか分からない状態です。

 

今後もずっと埋没毛の心配をしながら面倒なヒゲ処理を続けるくらいなら、いっそのことヒゲ自体をなくしてしまえば良いと思いませんか?

 

脱毛してヒゲがなくなれば当然、埋没毛も生えてきません(*^^)v
これほど楽な予防方法は他にありません!!

 

皮膚の下に埋もれてしまったヒゲも脱毛できるので、埋没毛対策にピッタリな方法です♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はヒゲの埋没毛についてお話してきました。

 

埋没毛の主な原因そのままにしておいた時の症状、それから埋没毛の治し方についてお分かりいただけましたでしょうか?

 

個人差はありますが早い方は中学生くらいから、毎日続けていくヒゲ剃りですが、脱毛すると埋没毛はもちろん!わずらわしいヒゲ剃りからも開放されますね(^_-)-☆

 

「剛毛クラッシュ」では、無料カウンセリングも行っていますので、いつでもお気軽にお越しくださいませ♪

-------------------------------------


【剛毛クラッシュ】基本情報



●HP:https://go-mo-crash.com/


●予約TEL:080-5881-8378


●予約Email:souka_west@go-mo-crash.com



▼Twitter:@go_mo_crash


▼Facebook:@go.mo.crash


▼Instagram:@go_mo_crash



※ Instagram限定クーポン


ご来店いただいたお客さまのうち、
ハッシュタグ『 #gomocrash 』で剛毛クラッシュについて投稿いただいた方は、
次回ご来店時にその投稿をご提示いただくことでお会計から500円割引させていただきます!



詳しくは店頭スタッフまでお声がけください^_^


				

お問い合わせ

各種メニューやセットの詳細については
こちらからご相談ください!

Copyright go-mo-crash All Rights Reserved