メールでのお問い合わせはこちら スタッフブログはこちら
TOP > 脱毛のお悩み解決ブログ > ヒゲ脱毛の効果を感じられない…

2020.07.31

ヒゲ脱毛の効果を感じられない7つの原因と抜けない時の対策4選

    どうも~黒木です。

     

    男性のなかにはヒゲ脱毛したのに何だかヒゲが減らない…、なかなかヒゲが抜けない気がする…、などヒゲ脱毛の効果をあまり実感出来ていない方もいらっしゃると思います。

     

    せっかくお金と時間も作って脱毛したのに、効果を実感出来ないと不安な気持ちになってしまいますよね(;´Д`)

     

    そこで今回はヒゲ脱毛の効果を感じられない原因と、ヒゲ脱毛しても抜けない時の対策についてお話していきます。

    ヒゲ脱毛の効果を感じられない8つの原因

    それでは早速、ヒゲ脱毛の効果を感じられない原因について見ていきましょう!

    施術回数が少ない

    まず一番に考えられる事は、ヒゲ脱毛の効果を実感できる回数に達していない場合が挙げられます。

     

    ヒゲの状態によって個人差はありますが、通常脱毛は1~2回では、ほとんど効果を実感することは出来ません

     

    一般的に脱毛効果を実感できる回数は、光脱毛は7~10回程度と言われています。

     

    それは、表面から見えている毛は1本の毛ではなく、毛穴に眠っている毛が約80%残っているので、1回の脱毛では全体の10~20%ほどしか効果が無いのです。

    照射後、日数が経っていない

    脱毛の施術を受けると「すぐに毛が抜ける」と思われている方もいらっしゃると思いますが、実は照射された毛が抜け落ちるまでに、一般的には10日~14日程掛かります。

     

    従って施術して数日しか経っていない場合は、もう少し様子をみてください。

     

    個人差はありますが、遅い人でも数週間でポロポロと抜け落ちます。

    気付いていない

    ヒゲ脱毛するとゴッソリと一気に抜け落ちるイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、実際は気付かないうちに何気なく抜けている可能性が高いのです。

     

    基本的にヒゲ脱毛をしたヒゲは、

     

    「洗顔後に鏡を見たら、部分的に抜けていた」

    「入浴後にタオルで顔を拭いたら、一緒にヒゲも抜けた」

    「朝、枕を見たらヒゲがくっ付いていた」

     

    など、徐々に抜けているのでヒゲが減っていないと感じることがあるかもしれません

    脱毛器の出力が弱い

    エステティシャンが痛みや肌への負担などを考慮して、脱毛器の出力レベルを下げている場合があります。

     

    低い出力では脱毛効果も下がってしまい、実感できないことも…(-_-;)

     

    しかし出力が高いと脱毛効果も高い反面、強い痛みや肌トラブルのリスクも伴います。

     

    そのため肌の弱い方肌が荒れている方日焼けしている方痛みが苦手な方などは、施術者の判断のもとで出力レベルを落としている可能性があります。

    白ヒゲや産毛が多い

    基本的に脱毛器は、黒いメラニンに反応します。

     

    ですので、ヒゲに白髪が多かったり産毛が多いと、脱毛器が反応しない毛が多くなり、脱毛効果が得られない場合もあります。

    太くて濃い場合

    一般的に成人男性のヒゲは1万~2万本とされていますが、ヒゲ一本一本の太さや量は個人差があります。

     

    人より太くて濃い場合、根深い毛根まで光が届かず、しっかり脱毛しきれないことがあります。

     

    そのため脱毛効果が感じられない場合は、自分の毛質、毛量を把握し、エステティシャンとしっかり相談して、回数を増やすなど自身に合った脱毛プランを選びましょう。

    施術間隔

    ヒゲ脱毛の効果を少しでも早く得たいから、短いスパンで通いたい!

     

    または忙しくて時間が作れず、施術間隔が空き過ぎてしまった!

     

    という方もいらっしゃると思いますが、毛には毛周期があります。

     

    毛には、毛が成長している「成長期」、毛の成長が止まった状態の「退行期」、毛が抜け落ちる「休止期」の3つのサイクルに分かれています。

     

    そのなかで脱毛器が反応する時期は「成長期」のみで、「成長期」の毛は目に見えている毛の20%ほどしかないため

    1回の施術はこの20%の「成長期」のヒゲしか脱毛効果が出ません。

     

    そのため短いスパンで脱毛してしまうと、同じ「成長期」の毛に2回施術してしまい、ただムダに時間と費用を費やしてしまうことになります。

     

    またスパンが長くなると「休止期」の毛が「成長期」となって生え始めるので、見かけ上はヒゲが減っていないように見える可能性があります。

     

    ですので、ヒゲの毛周期に合わせて施術する必要があるため、しっかりエステティシャンと施術日を確認してみましょう。

    ヒゲ脱毛をしても抜けない時の対策4選

    それではヒゲ脱毛しても抜けなかった場合、どのようにしたら良いのでしょうか?

     

    その対策方法をお伝えします!

    日焼け対策

    日焼けしていると肌の黒い部分(メラニン色素)にも光が分散してしまうため、毛根へ充分に光が届かなくなってしまいます

     

    そのため脱毛効果が弱まってしまうので、まずは日焼けしないように紫外線対策を徹底してください。

     

    また日焼けは脱毛効果を下げるだけでなく、炎症やシミなど肌トラブルの原因に繋がり、日焼けの度合いによっては脱毛を延期する場合もありますので、日焼け止めや日傘などで対策を!!

    スキンケア

    肌が乾燥していると、毛根まで光が届かないため、脱毛効果が弱まってしまいます

     

    それに乾燥していると肌のバリア機能が弱まってしまうので、照射レベルを下げないといけなくなります

     

    ですので、毎日のスキンケアをしっかりと行い、日頃から肌を整えておきましょう

    毛抜きで抜かない

    ヒゲが気になり、つい毛抜きで抜いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、脱毛において毛抜きはNGです。

     

    毛抜きで抜いてしまうと、毛根から毛が抜けて一時的に生えてない状態になるため、脱毛の際、十分な効果が得られなくなってしまいます。

     

    またムリに抜くと肌に大きな負担が掛かり、毛嚢炎などの肌トラブルの原因に繋がりますので、ヒゲを抜くのはやめましょう!

     

    もしすでに抜いてしまった場合は1ヶ月程度期間を空けて、毛根の再生を待ってから施術してください。

    継続して通う

    やはり目に見えての脱毛効果を期待するには、根気よく通い続ける必要があります。

     

    ご自身の毛質や毛量、目指すスタイル、毛周期を理解して、エステティシャンと施術内容や日程間隔など相談して、効率よく通いましょう

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

     

    今回はヒゲ脱毛の効果を感じられない原因と、ヒゲ脱毛をしても抜けない時の対策についてお話してきました。

     

    今まで脱毛効果が実感出来なかった方、ご理解いただけたでしょうか?

     

    「剛毛クラッシュ」では無料カウセリングも行っていますので、いつでもお気軽にご連絡くださいね(^_-)-☆

    -------------------------------------


    【剛毛クラッシュ】基本情報



    ●HP:https://go-mo-crash.com/


    ●予約TEL:080-5881-8378


    ●予約Email:souka_west@go-mo-crash.com



    ▼Twitter:@go_mo_crash


    ▼Facebook:@go.mo.crash


    ▼Instagram:@go_mo_crash



    ※ Instagram限定クーポン


    ご来店いただいたお客さまのうち、
    ハッシュタグ『 #gomocrash 』で剛毛クラッシュについて投稿いただいた方は、
    次回ご来店時にその投稿をご提示いただくことでお会計から500円割引させていただきます!



    詳しくは店頭スタッフまでお声がけください^_^


      お問い合わせ

      各種メニューやセットの詳細については
      お電話・メールにてご相談ください!

      お電話で相談・予約する ネットで相談・予約する

      Copyright go-mo-crash All Rights Reserved