メールでのお問い合わせはこちら スタッフブログはこちら
TOP > 脱毛のお悩み解決ブログ > 危険!!自己処理によって起こ…

2019.07.28

危険!!自己処理によって起こる7つの肌トラブル

    こんにちは^_^剛毛クラッシュの石橋です(^^)

     

    いきなりですが・・・

     

    みなさんは普段、ムダ毛の処理をどのようにしていますか?

     

    ・カミソリ

    ・電気シェイバー

    ・毛抜き(ピンセット)

    ・ワックス

    ・除毛クリーム

    ・家庭用脱毛器

    ・脱毛サロン

     

    など様々な方法がありますよね?

     

    脱毛サロンには行かずに自己処理をしている人はまだまだ沢山いらっしゃると思います。

     

    その自己処理で肌荒れを起こした経験がある!

     

    って方は、ほとんどではないでしょうか?

     

    自己処理をする事は肌荒れなどのトラブルを起こしやすいと言われています。

     

    そこで自己処理による起こりうるトラブルについてご紹介していきます。

    自己処理によって起こってしまう肌トラブル

    カミソリ負け

    誰もがカミソリを一度は使用した事があるのではないでしょうか!?

     

    手軽に簡単に自己処理ができちゃうので、ついつい使ってしまいますよね?

     

    でもカミソリはとても危険なんです!!

     

    カミソリを使い

     

     

    なんて経験ありませんか?

     

    肌には目に見えない隆起(高く盛りあがっているところ)や凹みがあります。

     

    カミソリは、その盛りあがりを毛と一緒に気付かないうちに剃ってしまっています。

     

    その為、肌がキズつき出血をしてしまします。

     

    また、皮膚のバリア機能をしている角質も一緒に剃ってしまっている為、肌が敏感になっています。

     

    その為、皮膚はダメージを受け出血したり痒みが起きたりします。

    痒み・赤み

    いわゆるカミソリ負けと同じような事ですが、カミソリを使ったあとに、赤くポツポツが出たり、痒くなったりした事はありませんか?

     

    これは毛を剃る時にシェービングジェルなどを塗らずに直接カミソリで剃ってしまった時に多く起きてしまう症状です。

     

    また、カミソリの刃が古くなっていると切れ味が悪くなっていると、同じところを繰り返し剃ったりしちゃいます。

     

    それが原因で痒みや赤みが出やすくなります。

    乾燥

    毛を剃ったり除毛クリームを使うと、肌の表面がキズつき肌のバリア機能が低下してしまい、肌から水分が蒸発しやすくなることで乾燥すると言われています。

     

    肌が乾燥すると更に外的からの刺激も受けやすくなり、痒みアトピー性皮膚炎などのトラブルも起こりやすくなります。

    毛嚢炎

    毛嚢炎とは、毛包(毛の根元の毛根を包んでいるところ)に炎症が起きた状態のことを言います。

     

    主に、毛抜きやワックスを使った自己処理によって、開いてしまった毛穴から細菌が入ってしまいニキビのような膿ができてしまいます。

     

    これを毛嚢炎と言い無理に膿を出そうとしたりすると、痕が残ってしまう場合があるので注意しましょう!

    埋没毛

    いわゆる、埋もれ毛と言うものです。

     

    埋没毛は毛が皮膚を突き抜けて生えてくることが出来ず、皮膚の中で毛が伸びてしまったり、黒いブツブツが見える状態の事を言います。

     

    主に原因は、カミソリ・毛抜きの使用で起こってしまします。

     

    また、無理に毛抜きなどを使って毛を出そうとすると炎症が起きてしまう可能性が高いので注意しましょう!

    色素沈着

    色素沈着とは、摩擦や強い刺激を受ける事によって肌が黒ずんでしまう事を言います。

     

    色素沈着って?

     

    とご想像つかない方はワキヒジ・ヒザなどを見てみて下さい。

     

    少し肌の色が変わって見えませんか?

     

    この黒ずみが色素沈着と言います。

     

    ムダ毛の処理を繰り返しする事で、肌に摩擦が加わりメラニンが生成され黒ずみを起こしてしまいます。

    内出血

    内出血と聞くと、皆さんは主に強くぶつけてしまった時にできるイメージがありますよね?

     

    実は、自己処理が原因で内出血が起きてしまう事があります。

     

    主な原因は毛抜きを使った時に起こります。

     

    ムダ毛を抜くことで、毛穴の周りにある毛細血管が切れてしまう事が原因で内出血が起こります。

     

    また、毛抜きだけではなく、ワックス・脱毛テープ等のように、毛を引き抜く脱毛方法は内出血を起こしてしますリスクがあります。

    肌トラブルで脱毛はできないの?

    このように自己処理によってさまざまなトラブルが起こってしまう場合があります。

     

    肌トラブルが出てしまった場合、脱毛はできないの?

    と不安にもなるかと思います。

     

    しかし、トラブルが起きてしまった箇所については当日の施術をお断りする場合やトラブルの箇所を避けて施術する場合があります。

     

    どんな場合が施術できないのか、わからないと言う方も多いので、ここでご紹介をします!

     

    ・毛嚢炎、ニキビがある

    ・カミソリ負けや毛抜きなどの使用で、赤み、痒みが肌にある

    ・カミソリで傷つけてしまった

    ・濃い色素沈着がある

    ・自己処理によって肌が極度に乾燥している(カサカサしている、白く粉が吹いている)

     

    以上のように、肌にトラブルがある場合は、その箇所を避けて施術を行うか、トラブルが酷い場合は脱毛ができず、後日、肌が回復してから脱毛を行います。

    まとめ

    自宅で簡単にできる自己処理でも、実は肌に危険なことがあるという事が、おわかりいただけたでしょうか?

     

    肌トラブルを避ける為には、脱毛サロンに通って脱毛をしておくと、自己処理による肌トラブルにも、もう悩む事はありません(^^)

     

    また、キレイな肌を手に入れる事ができます(*^▽^*)

     

    自己処理で肌がボロボロにならないうちに、是非!!

    剛毛クラッシュで脱毛をして美肌を手に入れて下さい♪♪♪

    -------------------------------------


    【剛毛クラッシュ】基本情報



    ●HP:https://go-mo-crash.com/


    ●予約TEL:080-5881-8378


    ●予約Email:souka_west@go-mo-crash.com



    ▼Twitter:@go_mo_crash


    ▼Facebook:@go.mo.crash


    ▼Instagram:@go_mo_crash



    ※ Instagram限定クーポン


    ご来店いただいたお客さまのうち、
    ハッシュタグ『 #gomocrash 』で剛毛クラッシュについて投稿いただいた方は、
    次回ご来店時にその投稿をご提示いただくことでお会計から500円割引させていただきます!



    詳しくは店頭スタッフまでお声がけください^_^


      お問い合わせ

      各種メニューやセットの詳細については
      お電話・メールにてご相談ください!

      お電話で相談・予約する 相談・予約する

      #gomocrash

      SnapWidget · Instagram Widget

      #gomocrash

      Copyright go-mo-crash All Rights Reserved